引越しする時もゴミ出しは正しく処分しよう

ファミリー

必要な金額を知っておこう

引っ越し業者に依頼して家族で引っ越しをする場合、10万円から20万円程の費用が必要になります。料金はシーズンによって変わってくるため、料金を抑えるなら繁忙期を避けて業者に見積もりを出してもらうと良いでしょう。

ダンボールを持つ人形

新居のレイアウトを考える

引越先を選ぶ際、新居の立地や家賃はもちろん大切ですが、家具などのレイアウトも良く考えましょう。持ち込む家電のサイズを測ったり、住居の収納能力を把握する事で、スムーズな引越と新生活のスタートが可能となるのです。

トラブル回避のために

ソファー

業者に回収を依頼

引越しではしばしば、ゴミの処分におけるトラブルが発生します。引越しでは様々な準備や手続きが必要となるので、ゴミの処分が後回しになってしまいがちなのです。基本的にゴミは、分別した上で、それぞれを指定された曜日に捨てる必要があります。燃えるゴミは数日おきに回収されることが多いのですが、燃えないゴミの回収は月に1〜2回程度となっています。そのため、引越し予定日に間に合うように計画的に捨てなければならないのですが、他の準備が忙しい場合には、それが困難になるのです。ゴミを残したまま引越しをすると、賃貸物件の場合は大家が処分することになるので、その費用が敷金から差し引かれます。また指定とは異なる曜日に捨てていくと、地域の人々に迷惑がかかることになりますし、処分のために呼び出されることもあります。とはいえ新居に持って行くと、荷解きがスムーズに進みにくくなります。こういったトラブルを回避するために、多くの人が不用品回収業者を利用しています。不用品回収業者には、様々な種類のゴミをまとめて回収してもらえるので、これにより分別したり曜日ごとに捨てたりといった手間をかけずに済むようになります。粗大ゴミはもちろん、リサイクル家電の処分も任せることができるので、その分引越しにおける他の準備に専念しやすくなります。また昨今では、荷物を運搬するだけでなくゴミも回収するという引越し業者も増えています。依頼した場合には、引越し前のゴミだけでなく、引越し後のダンボール箱なども処分してもらえるので、注目されています。

ダンボールを運ぶ男性

荷造りと荷解き

大阪で引っ越しの準備をする時間がない人は、業者に荷造りと荷解きを全てお任せすると良いでしょう。プロに荷造りと荷解きを全てまかせれば、引っ越しの作業時間を大幅に節約できるとともに、新居で新生活をすぐにスタートすることができます。